十月十日で迎える器

十月十日で迎える器

作る時間を共に過ごしていただき、お手元に

「めぐる」の三つ組椀「水平」と「日月」は、適量生産による自然素材の循環と季節のサイクルに則したものづくりを目指すため、年1回の受注期間を設けての数量限定・予約生産制とさせていただいております。毎年、300セット限定、受注期間は【12月15日〜3月15日】の三ヶ月間のみです。ご予約いただいた器は、受注期間を経て、おおよそ「十月十日(とつきとおか)」をかけて皆さまのお手元に届きます。お届けまでお時間をいただきますが、十月十日の期間中、毎月のメールや季節のお葉書などでご自身の器が育つ(作られる)様子をお知らせしています。我が子を迎え入れるように、器のマタニティタイムをお楽しみいただければ幸いです。 

ご注文からお使い頃までのスケジュール

ご注文からお使い頃までの年間サイクル
  • 毎年12月15日〜3月15日の三ヶ月間のみの受注(年1回)
  • 春分の日(3月20日)が十月十日(とつきとおか)のスタート
  • 3月〜10月まで会津の各工房で丁寧に製作します
  • 製作期間中は毎月あなたの器が生まれるまでの様子が届きます
    メール&動画:毎月お届け、お葉書:季節ごとにお届け
  • 11月中にお届けします(誕生花などの蒔絵をお入れする場合には、さらに2ヶ月ほどお時間をいただきますことをご了承ください)
  • 12月いっぱいはご家庭で「枯らし」をしていただきます
  • お使い頃は、ちょうど年末年始頃からとなります

※ご予約は全て「めぐるオンラインストア」にて承っております。お支払いについては、ご予約時にオンラインストアで事前にご決済いただくかたちとなりますので、ご了承いただければ幸いです 。
※ 十月十日(とつきとおか)は、平均280日前後と言われますので、3月20日(春分の日)からスタートするとちょうど12/25のクリスマスが誕生の日となり、その頃に「お使い頃」を迎えます。
※2019年12月からのめぐる第6期(2020年生産)受注分から、この十月十日スタイルとなりました。

めぐる同期メンバーと楽しむ

同じ期にご注文いただいた皆様は、同い年生まれのめぐるを迎える仲間になります。
そこで、「めぐる第◯期メンバー」としてお知らせをお届けすることにしました。
ご希望に応じて、制作途中の会津を訪ねる旅(テマヒマうつわ旅)も開催していますので、同期メンバーで交流を深めていただければ幸いです。

十月十日、お待ちいただきたい理由

本来、ものづくりには季節のリズムがある

持続可能な「適量生産」を目指すために

確かな作り方の漆器は、それぞれの器によって、木地の調達、漆の調合、塗りの技法などが異なるため、少量を少しずつ作るのは効率が良くありません。かと言って、自然素材を使った手しごとのため、大量生産もできません。少なすぎず、多すぎす、適した量を作る「適量生産」を目指すことが、持続可能なものづくりへと繋がります。年間300組の受注生産とすることで、無理なく材料を確保でき、作り手への負担も減らし、品質を保つことができます。この十月十日(とつきとおか)システムは、みんなで日本のものづくりの現場を支える、新しい「共同購入」の仕組みでもあります。

地域の風土と現代の暮らしの橋渡しとして

本来、日本のものづくりには季節のリズムがあります。漆器も春に木地を挽き、夏から秋まで漆塗りや蒔絵をして、冬に店頭に並んで、お正月の使用に合わせる。昔から繰り返されてきたこの1年間の製作サイクルは、木や漆といった自然素材をよく理解し、四季のリズムや日本の気候に合ったものでした。十月十日(とつきとおか)の期間、作る時間に寄り添っていただくことで、一つの器が、地域の風土と現代の暮らしの橋渡しになれたらと考えています。十月十日(とつきとおか)システムは、丁寧に作られたものを、その背景を知りながら長く使い、自然と文化を育む一員になる。そのような新しい消費のかたちであり優しい暮らしの提案です。

長く使うものだからこそ、出会いも丁寧に

漆器はお直しをしながら長く使っていくことのできるものです。「めぐる」は、これからの人生のお守りのような存在として、暮らしに寄り添って欲しいと願いを込めています。ですから、自分の器がどのような季節を経て作られ手元に届くのか、できるだけ丁寧に出会ってほしいと願っています。現代は少し急ぎ過ぎていて、インターネットでクリックすればなんでも次の日には届いてしまう時代です。そんな現代だからこそ、ゆっくりと待つという間や余白を楽しむ。大量消費社会の中で失われた、そのような時間を取り戻していきたいと考えました。

◎私たちが目指すこれからのものづくりのあり方について、より詳しくお話ししたこちらのコラムも是非ご覧ください。
“十月十日で届ける器”の理由 〜自然産業の「適量生産」を探して〜


これまでいただいた
お客様からの声

  • 商品が届くまでは時間が掛かりましたが、途中でメールでお知らせいただき嬉しかったです。まだ“枯らし”をしているので使用はしてませんが、中身を見るととても丁寧に説明が記載されており、安心しております。今後使用して漆がどのように変化して行くのか楽しみです。自分の子供、孫に伝えて行きたいと思います。(ストアレビューより/水平・花塗り・赤・黒)
  • 手にするまで、時間がかかること、すなわち作成の過程で気候の影響を受けたり等、ひとつの作品が出来上がるまでには、様々な状況があったり、またそれを受け入れてたゆまず作り続ける作り手の方々がいることを知りました。大事に使います。(ストアレビューより/日月・花塗り・赤)
  • とうとう着きました! 色合い、手触り、すごく気に入ってます。 光の具合や、見る角度によって、いろんな色に見えます。 1ヶ月、ゆっくり慣らして、じっくり育てます。 待つ時間も楽しめる器です。 この器で食事をするのを楽しみにしてます。(ストアレビューより/日月・拭き漆・赤)
  • 先日、届いて、ふたを開けたら漆の匂いがして!とてもワクワクしました。 この匂いのために、使えるようになる2ヶ月前に届けていただいたそうで、使うまでにあとちょっと待ちます。 それも楽しみです。 漆の色は、使っていくと変わっていくそうなので、今の色を写真に撮っておき、何年後かに比べてみよう、という楽しみもあります。 時間を味わう楽しさ!多くの人に知ってほしいです。(ストアレビューより/水平・花塗り・赤)
  • 「漆の時間」が大好きです。人間の都合のいいように育たない、乾かない漆たちの物語(湿度がないと乾かないなんて面白い!)、それに寄り添うように生きるのもかっこいいと感じて、漆器たちの変化を楽しんでいます。(ストアレビューより/日月・花塗り・赤)

三つ組椀(水平・日月)は第7期受注をお待ちください。
オンラインストアではその他の新商品を順次販売中です!

めぐるの三つ組椀(水平・日月)の受注期間は、毎年12月15日〜3月15日の三ヶ月間です。予約期間を逃されませんよう、下記の方法で最新情報をお受け取りください。また、めぐるオンラインストアでは、漆のお猪口・お皿・お盆など、すぐに購入可能な他のアイテムも順次増えておりますので、是非チェックいただければ幸いです。

【NEWS】現在、グッドデザイン賞2020受賞記念として「第7期早期予約」を数量限定で受け付けております。詳細はオンラインストアをご覧ください。

めぐるメールニュースへの登録

こちらから「めぐるメールニュース」にご登録いただくと、受注開始のお知らせや新商品情報が届きます。

オンラインストアの会員登録

こちらの「めぐるオンラインストア」でも「会員登録」をしていただくと、受注開始のお知らせや新商品情報が届きます。

各種SNSのフォロー

漆器製作の裏側やイベント情報などを配信していますので、是非フォローください。

facebook twitter instagram
ページの先頭へ戻る