商品の説明 三つ組椀「水平」と「日月」

三つ組椀「水平」と「日月」

基本が美しく整う 三つ組の椀

基本が美しく整う 三つ組の椀

「めぐる」の三つ組は、飯椀・汁椀・菜盛り椀として、日本人の食の基本に寄り添います。
収納時にきれいに重なるそのかたちは、禅の修行に用いられる「応量器(おうりょうき)」にヒントを得ました。応量器には、命の重さ、心の深さ、天地への感謝を学ぶためのデザインが施されています。直しながら長くお使いいただき、人生を共に過ごす、お守りのような一揃いになってほしい、という願いを込めています。

「水平」と「日月」は季節のめぐりにあわせてお作りしています。春3月から製作を開始してお客様のお手元にお届けするのは冬12月頃。十月十日(とつきとおか)ほどお待ちいただきます。

“感性の対話”から生まれた2つのかたち

水平 すいへい

「しっかりしていてこぼざず持てる。」
「手だけじゃなくからだ全体の重心が決まる。」
安心して抱き上げるような骨格があるため、
器の傾きが分かりやすく、
たしかな安定感のある凛とした佇まいの形です。

めぐる「水平(すいへい)」
日月 にちげつ

「ずっと手の中に包んでおきたい。」
「自分の唇と器の境目がわからなくなってくるみたい。」
思わず頬ずりしたくなる心地よさは、
まるで人のぬくもりそのもの。
日月を重ねるほどに愛情が増していく形です。

めぐる「日月(にちげつ)」
ダイアログ・イン・ザ・ダーク × 会津漆器

デザイナー不在のやさしいデザイン

「水平」と「日月」の形には、デザイナーが存在しません。この<心地よい肌触りや口当たり>、そして<抱き上げたくなる優しいかたち>が実現したのは、制作過程に暗闇のソーシャル・エンターテイメント「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」で活躍する全盲のアテンドたちが参加しているから。めぐるは彼女たちの豊かな感性に、会津の腕利きの職人たちが丁寧に応えたことによって誕生した器です。

ラインナップ

水平 すいへい
水平(花塗り:赤)

水平(花塗り:赤)

水平(花塗り:黒)

水平(花塗り:黒)

水平(木地溜)

水平(木地溜)

日月 にちげつ
日月(花塗り:赤)

日月(花塗り:赤)

日月(花塗り:黒溜)

日月(花塗り:黒溜)

日月(拭き漆:赤)

日月(拭き漆:赤)

日月(拭き漆:黒)

日月(拭き漆:黒)

ご購入はこちら (外部サイト)

めぐるのご注文は「めぐる公式オンラインストア」で承ります。

※予定数量に達した場合には受付終了となりますので、お早めにお申し込みください。
※商品代金は、お申込み時に先にお支払いいただくかたちとなります。

実際にお手にとって触れて頂ける場所(一覧)はこちらでご案内しております。

めぐる

めぐる公式パンフデータ

ダウンロード

PDF(859KB)

「2015年度 グッドデザイン賞」

「2015年度 グッドデザイン賞」を受賞しました。

2015年度 ウッドデザイン賞

「2015年度 ウッドデザイン賞・審査委員長賞」を受賞しました。

2017年 環境省「第5回グッドライフアワード・エシカル賞」

2017年 環境省「第5回グッドライフアワード・エシカル賞」を受賞しました。

ページの先頭へ戻る