漆器のお手入れ・お直し お直しの方法

お直しの方法

漆器の寿命は直せなくなるまで

漆器の良さは、漆の塗り直しやカケ・ワレの補修など、「お直し」をしながら、長く使うことができることです。

塗り直し

漆の塗膜の耐薬品性や耐摩耗性は、他の化学塗料と比べても強い部類に入りますが、それでも長く使ううちに、徐々にすり減ってきます。
(特に“拭き漆”の器は“花塗り”に比べて、すり減りが早い傾向があります。)

そのような時には、表面の塗膜だけを一度研ぎ落としてから漆の「塗り直し」をするとまた新品同様に生まれ変わります。

漆繕い

漆器の素地は天然の木です。
落としたり硬いものにぶつけても陶磁器やガラスのように粉々に砕けることは ありませんが、それでも、当たりどころが悪いと器自体のカケやワレ(ヒビ)、塗膜の剥離などが起こる場合があります。

そのような場合には、漆で繕い、補修をすることができます。
繕った箇所は、赤や黒の漆で塗ったり、さらにそこに金粉や錫粉を撒くことで「金継ぎ」のように仕上げることも出来ます。
(陶磁器の金継ぎも、漆が接着剤として使われます。)

お直しの料金・納期目安とご依頼の手順

料金目安

塗り直し(器全面の塗り直し):拭き漆 1椀 3,000円〜/花塗り 1椀 4,000円〜
漆繕い(破損箇所のみの補修):塗膜の剥離 1箇所 2,000円〜/器のカケやワレ 1箇所 3,000円〜 
※料金は、お直しする器の状態や破損箇所の大きさや数、仕上げ方法などで異なります。
※別途、往復送料や振り込み手数料をご負担いただております。

納期

約3〜4か月

※職人さんたちも通常のお仕事の合間に修理の仕事をすること、また、器を一つ塗るのにも、それに合った漆を調合し、割れや欠けを補修し、塗りと研ぎを繰り返して手仕事でお直ししますので、お時間をいただきますことご了承ください。お直しする器の状態により、さらに長くかかる場合がございます。

ご相談・お申し込み方法

まずは、器の破損箇所を写真に撮っていただき、このページの一番下にある「ご依頼フォーム」からお送りください。写真の段階で簡単に診断やお見積りをします。その後、それ以上破損が広がらないように梱包いただき指定の住所までご郵送ください。 (器が欠けた破片がある場合には、無くさないように必ず一緒にお送りください。)

担当職人

お直しの仕事は、会津漆器産地の若手職人に依頼しています。

水平の塗師・吉田徹さんの工房で修行を積んだ小松愛美さん
日月の塗師・冨樫孝男さんの工房で修行を積んだ三留朋江さん
が主にお直しをします。漆器の修理は、器の状態の診察から実際の施術まで、お医者さんのような仕事です。若手職人の貴重な経験の機会ともなりますので、応援の気持ちでお直しを出していただければ嬉しいです。(お直し料金は最低限の事務手数料を差し引いて、作り手さんに支払われます。)

その他

下地や木地が見えている状態で器を使い続けると、水や油が染み込み、状態が悪化する場合がありますので、そのような際には、早めにお直しに出していただくことをオススメします。
こちらの「漆器のお手入れ」もご参照ください。


お直し実例

素地のカケを補修(金仕上げ)

素地のカケを補修(金仕上げ)

素地のヒビを補修(黒仕上げ)

素地のヒビを補修(黒仕上げ)

塗膜のカケを補修(錫仕上げ)

塗膜のカケを補修(錫仕上げ)

素地のヒビを直し、全面塗り直し

素地のヒビを直し、全面塗り直し

日月・花塗りを全面塗り直し(花塗り)

日月・花塗りを全面塗り直し(花塗り)

日月・拭き漆を全面塗り直し(拭き漆)

日月・拭き漆を全面塗り直し(拭き漆)

お直しのご依頼はこちら

ページの先頭へ戻る