ニュース・イベントなど

めぐるの「とつきとおか」がグッドデザイン賞を受賞!

2020年10月2日ニュース 

この度、めぐるの「とつきとおか(十月十日)」でのお届け方法、そして循環の仕組み全体が、グッドデザイン賞2020を受賞しました。

グッドデザイン賞2020

めぐるのG賞受賞は2015年に続いて2回目となり、前回はプロダクトと商品開発手法に対しての評価でしたが、今回は生産方法やものづくりの背景の伝え方、そしてめぐるの目指す新しい関係性づくり全体を評価いただきました。

<受賞に際しての審査員コメント>
漆器ほど工程が多く手間や時間をかける物づくりは多くないのだが、一般的にはあまり知られていない。「めぐる」は季節のサイクルに則して大切に作られている背景を発信し、購入者に対しては、漆器が生まれる瞬間から手元に渡るまでの様子、更には修理のサービスまで提供している。この仕組みには大変好感を持った。その他にも器自体の美しさ、適量を作る持続可能な生産の仕組みなど、漆器の魅力が詰まったプロダクトである。

受賞ページはこちらをご覧ください。
https://www.g-mark.org/award/describe/50112


いつも支えてくださっている皆さまに改めて御礼申し上げます。

漆を取り巻くより良い循環を作っていけるよう、これからも活動を続けていきたいと思います。

ページの先頭へ戻る