ニュース・イベントなど

水平の木地溜塗り | 第6期とつきとおか日記⑦

2020年9月29日とつきとおか日記 

今回は水平(すいへい)の器の「木地溜(きじだめ)塗り」の様子をお届けします。

水平の漆塗りを担当いただいているのは、会津漆器を代表する塗師のお一人である吉田徹さんです。

木地溜塗りは、「透き漆(すきうるし)」と呼ばれる精製した漆だけで塗り重ねた塗り方です。顔料などを加えていませんので、漆の自然の色をそのまま活かしています。この塗り方の特徴である「透け感」を最大限引き出すため、全ての工程で国産の漆を使っています。

最初に木地の細かな穴(導管)を漆と土の粉のペーストで埋めてから、その後、漆だけで塗り重ねていく段階に入るその瞬間の映像です。

今回も塗師さんの手さばきをBGMと共にじっくりご覧ください。

ページの先頭へ戻る