ニュース・イベントなど

NEXCO東日本「未知の細道」にて、ノンフィクション作家の川内有緒さんによる漆器「めぐる」の特集記事が掲載されました!

2022年6月11日メディア掲載情報 


NEXCO東日本が運営する「未知の細道」というウェブメディアにて、なんとノンフィクション作家の川内有緒さんに、漆器「めぐる」の最新記事を書いていただきました!

実際に会津でめぐるの現場を巡っていただき、川内さんがその目と耳で見聞きしたことをベースに、めぐるに関わる様々な人たちの声で構成されています。

濃密な約1万字の渾身レポート、ですが一気に読めてしまう内容です。ぜひご覧ください!

『時代をめぐり、見えない世界をめぐり、人生をめぐる器
 〜会津の漆器ブランド「めぐる」の現場から』
https://www.driveplaza.com/trip/michinohosomichi/ver211/


<川内有緒さんプロフィール>
日本大学芸術学部卒、ジョージタウン大学にて修士号を取得。コンサルティング会社やシンクタンクに勤務し、中南米社会の研究にいそしむ。その合間に南米やアジアの少数民族や辺境の地への旅の記録を、雑誌や機内誌に発表。2004年からフランス・パリの国際機関に5年半勤務したあと、フリーランスに。現在は東京を拠点に、おもしろいモノや人を探して旅を続ける。書籍、コラムやルポを書くかたわら、イベントの企画やアートスペース「山小屋」も運営。著書に、パリで働く日本人の人生を追ったノンフィクション、『パリでメシを食う。』『バウルを探して 地球の片隅に伝わる秘密の歌』(幻冬舎)がある。「空をゆく巨人」で第16回開高健ノンフィクション賞受賞。

ページの先頭へ戻る